ニキビ予防の基本は清潔な肌を保ち続けること

ニキビは一度できるとなかなか治しにくいものですよね。 できてしまったニキビは肥大化することが多い為、私はニキビ予防に力を入れています。

ニキビ予防のために重要なことは、肌を清潔に保つことです。

朝晩はしっかり洗顔をし、その後化粧水などで丁寧なスキンケアを心がけています。そのほか、髪の毛、特に毛先が顔に当たらないように留意したり、顔を触るときは必ず手を洗った後に触るなど、肌を清潔に保つことを心がけています。この心がけで私はニキビの発生率が大分下がりました。

 

その他にニキビ予防として行っているのが、スキンケア時のニキビチェックです。
いくら注意していても、やはりニキビはできてしまうものです。しかし、でき始め、かつ白いニキビなら肥大化を抑えることが可能です。

 

特に有効な方法は、白いニキビをつぶして細菌を殺すことです。ニキビはつぶすな、と言いますが、でき始めの白いニキビであればつぶしたほうが良いのです。

 

但し、つぶした後は早急に殺菌する必要があります。
消毒液を使って殺菌し、その後通常のスキンケアをして保湿してあげることにより、ニキビ跡のない、きれいな肌を保つことが可能です。但し、この方法は赤いニキビや肥大したニキビには逆効果となり、大きなニキビ跡を作ってしまう可能性があるので、必ずでき始めの小さな白ニキビ以外には使用しないでください。

 

ニキビ予防の基本は、清潔な肌を保つことです。
地道な努力を必要としますが、ニキビの無いきれいな肌を保ちたい方は、清潔を心がけることが必要です。

 

ニキビを治すためのスキンケア